競売物件を購入するにはどうするのか?
その謎に迫る!

競売物件について

 一昔前は「サラリーマンが副業などとんでもない」と言われる時代がありました。確かに、高度経済成長期からの日本は年齢によって上がっていくのが当たり前でしたし、終身雇用制度が安定して機能していたため、副業の必要が無かったのも事実です。しかし、現在では自分の稼ぎは自分で獲得することが最も安定に近いと言われています。副業に適していると言われている不動産ビジネスをしている人なら聞いたことがあるであろう競売物件とは、どのようなものなのでしょうか。

 まず、競売物件は入札によって購入します。入札期間が定められているため、決められた期間内にその物件の情報を仕入れる必要があります。また、引き渡し義務があることもあるので、占有者との交渉や残留物の処理は自分で行わなければいけません。さらに、瑕疵担保責任が無いので、何か重大な過失があっても自己責任です。落札まではさまざまな手続きを踏むことになるので順序よく消化していくようにしましょう。

 競売物件は内覧できないという特徴があるので、外観や周辺の状況は現地で確認をしておくと良いでしょう。このように、競売物件は一般物件と異なる点が多いので不慣れな人は競売代行サービスを使用しているケースもあります。購入までの流れの中で追加費用がかかることもあるので、予算には余裕を持たせて臨んでください。

 今回は一般物件とは違う特徴を持った競売物件についての記事を書かせていただきました。副業で稼ぐというのはなかなか難易度が高いと感じる人もいるかもしれませんが、競売物件などの知識を得ることでその道筋は近いものになります。是非最後まで読んでください。

~~当サイトピックアップサイト~~
 新しく家を買おうと考えている人は、競売物件も視野に入れているかもしれませんが、内見不可などのデメリットがあることを知っておきましょう。戸建て物件の内見をしたい人には、こちらのハウスメーカーが最適です ⇒ 戸建て物件

Copyright © 競売物件を購入するにはどうするのか?その謎に迫る! All rights reserved.